読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この時期にいつも思い出すこと

f:id:tigamaskmaz:20170131223645j:image

この時期になるといつもふと思い出す犬がいる

中学1年の頃飼っていた『ちび』という犬だ

小学に入る前からいたからたぶん10歳ぐらいだったのかな

ちびは賢い犬でいつも学校から帰ってくるとき
500メートルぐらい手前からずっと吠えて迎えてくれる犬だった

そんなちびに異変が起きたのは
1月末の今の時期だった

いつもわが家は母が1番先に仕事に行き
弟が小学校に行き
自分が一番最後に家をでる

その日朝家を出ようとするといつも元気に吠えて送り出すちびが犬小屋から出てこない

なんだと思って犬小屋をのぞいてみると

ちびが元気なく横たわっている

具合は悪いのかと思い抱っこしてみると身体が冷たい

これはヤバイと思い

家の中へ連れていき

ストーブをつけあっためようとする

まだ目を開けてるが今にも死にそうだ

学校に行こうか?休もうか?悩んだがとりあえずテストだったから学校へ向かう

学校に来たがちびが気になって気になって仕方ない

意を決して先生に伝える

『先生犬が死にそうなんで帰っていいですか?』

先生は
『何言ってんだテストだぞ!』

と言った

自分
『テストなんかどんでもいい。ちびとは最後かもしれない。とにかく帰ります。』

といい残し家に帰った

家に帰ってちびの様子を見ると

ストーブにあたっていたせいか朝より少し身体があったまり

覇気が出てきた感じだ

少しホッとした

水を口の中に入れてやったり身体をさすったりした

ところが目をつぶる時間が少しずつ長くなってきた

だんだんまた身体が冷たくなってくる

中学1年ながら無い頭をひねりいろいろ試して元気になってもらおうとするが

呼吸もおとなしくなり最後は自分の目を見て吠えようとした

その顔は今でも忘れずに頭に焼きついている

自分は今飼っている猫がティガという
f:id:tigamaskmaz:20170131223731j:image

もう13歳になる

猫の平均寿命は飼い猫で15歳ぐらいというのを本で読んだ

最近トイレが近くなったり水を飲む量が増えたりして体調が心配だが

少しでも長生きして欲しいと思う
f:id:tigamaskmaz:20170131223812j:image